おおい動物病院

Oi Animal Hospital
一宮市の動物病院・トリミング、ペットホテル、ドッグラン併設
Web予約受付中

お知らせ

2021-12-26 10:00:00

先天性の心臓の病気、動脈管開存症(PDA)の手術を行いました<院長>

image003.png

 

先日TeamBOWWOWから3頭目となる保護犬を引き取りました。

TeamBOWWOWは機能障害を持った犬や猫を保護し、治療を行った後、新しい家族に送り届ける活動を行っている団体です。

 

 

聴診で心臓に雑音があるという生後約2か月のプードルの子犬です

当院での各種検査により動脈管開存症と診断しました。

 


2か月の子犬とは思えないほど大人しいです。

 

 

 

犬の先天性心奇形の中でも最も遭遇する機会の多い動脈管開存症、通称PDA

 

詳しい解説は省きますが、簡潔に言えば

生後間もなく閉鎖するはずの動脈管が閉鎖しないため循環不全が起こる先天性心疾患」です。

 

 

治療は原則的に外科治療です。

他の多くの心臓病(先天性・後天性ともに)と異なり、1度の手術で劇的に症状が改善し健常動物と同じ生活が可能になります。

 

10週齢で体重約700gと未成熟な症例ですが、

なるべく早期に外科手術をする方が予後が良いので、早速手術しました。

 

 

術後は経過も順調で、食欲がかなり増しました。

そして何より、とにかく元気いっぱい走り回るようになりました。

 

元気になってよかったね。